みずかげ ぶろぐ

わくわくだったり、自分自身へのゆるし、そんなゆるゆるだったりな、日々の事です。いつも愛と感謝です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

あなたのままについて

変わる、変わらない。

変われ変われと言われても、あれれとなってしまうだろうし、
変わるな変わるなと言われても、きっと、あれれと思ってしまう。

動く、止まる。

動け動けとか
とまれとまれとか、人に押し付けてしまいがちな、自分がいる。
提案が、いつのまにか勧誘か、強制になる。


数日、変化するとか、今のままでいいとか、
いろいろ考えて、思った。

僕も、
「あなたのままでいいよ」って、言ってもらいたいんだと思う。

変わっても、変わらなくても、動いても、止まっても、
あなたのままでいい。

僕がそう言われたら、すごくうれしいから、
僕も、人に
あなたのままでいいよって、言おう。

ありがとう。


--
良い地球、悪い地球。

僕は何をしたらいいとか悪いとか
環境問題とか、あれはいけないこれはいけないとか
これをすればいいとか
いろいろ考えて、

ただ
それは別で、
地球は地球のままでいいよって

そういうやさしさがあったら、
それでいいと思う。

--
いろいろな人がいるから、
違う方向から進んでいても
見えてくるものが一緒だったら
すごくわくわくすると思う。



スポンサーサイト

PageTop

CMFLGさんのイベント

つづきを表示

PageTop

反対の肯定

右を選ぶときは、
左も肯定していれば、いい。
左を選ぶときは、
右も肯定していれば、いい。

生きることについて考えるなら、
死ぬことを、肯定しておけばいいし、
死ぬことについて考えるなら
生きることを、肯定しておけばいいかなと、考える。


いきる今を、肯定して、
だから自分が死ぬことも、肯定する。
それでいいと思う。

人の不安や怖れの根本にあるのが、死への恐怖だとしたら、
完全に生きて

死も見ていたい。
死にも、気づいておきたい。
ちゃんと。

明日も、どうぞよい一日でありますように。



PageTop

感情をどうすればいいのか
わからなかったけれど、

僕が仮に死んだとして

まわりの人が
笑っていてくれた方が嬉しいから

笑っていることにしました。


だから、いつもどおり、
ゆるゆるしています。

PageTop

イベント

当日でごめんなさい。


本日(08/24)に、9月の電子天心
にも出演して頂く
若手気鋭アーティスト
大庭将裕さん
が、渋谷で即興演奏のイベントに出演するそうです。
18:00 Open 18:30 Startです。
自分は行けないのですが(ごめんなさい)

お近くの方や、ご興味あるかたなど、ぜひご来場してみてください。


以下大庭さんのブログから抜粋させていただきました。
--

現代の即興演奏をテーマにしたお祭りに出演します。

今20代後半くらいの人って面白い人が結構いるのね。俺ももう20代か。。。

即興演奏という言葉になじみのある方も、ない方も、

どちらの方にもアッと言わせるような音を持っていきますので、ぜひぜひお越し下さい!



"即興演奏"についての小冊子(予約者の方にお渡しするそうです)に、僕を含め出演者の方のインタビューが載るそうです。間違いなく面白いですよ。



『若手即興フェスティバルを8月24日に開催します。

現在進行形の東京若手即興シーンを一気に見る事が出来ます。

どうぞお越し下さいませ。』



『東京若手即興シーンは こんなにも面白い。

1980年代。ジョン・ゾーンの来日を期に日本の即興シーンは隆盛の一途を辿った。

楽器/フィールドを問わず多くのプレイヤーが幾夜も演奏を行い、互いに交流と連携を重ね続けた。

それは百花繚乱の時代。そして彼らの多くは現在第一線で活躍している。

2008年。20年前に蒔かれた種は萌芽し、東京では新たな即興シーンが形成されている。

このイベントは、東京若手即興シーンのプレイヤーが一挙に集結する。

括目せよ。新世代の即興音楽を。 』

http://free-archive.main.jp/faf.html


出演:成井幹子(vln)/村上巨樹(g)/康勝栄(g)+弘中聡(dr)duo/勝賀瀬司(g)/黒澤勇人(g)+加藤裕士(electronix)duo/大庭将裕(sax,laptop)



予約 \2000(パンフレット付き) / 当日 \2000(パンフレット無し)

予約 newways_traintrain@hotmail.com

主催 村上巨樹

協力 映画美学校有志。

PageTop

昨日のことなど

kanikusoさんの稽古に顔を出させて頂きました。
終了後、迫田さんと打ち合わせをしたり、
本番前だから、みんな緊張感があって、

より良い演技、より良い舞台を、みんな創ろうと
していることが、すごく伝わります。

いつもながら、行くたびに刺激をもらいます。
ありがとうございます。


僕の今回、創る音も、聴く人の心に、内側に届く音に、
させて頂きます。


--
6つ下の友達が、ガンで亡くなって、
昨日、その知らせを受けて、

人がいなくなると、その分のスペースが、
心に穴が開くんだなって思って、

なくなった、というより
おおきなところにかえった、
って考えればいいなって思ったら

きがゆるんで、

すこし
ないて、



それでも僕は、
にこにこと、元気でいて、
ゆるゆるしていようと思う。




またあえると思う。
どうぞよい一日で、ありますように。



PageTop

脱力

向上心と
日々の基礎。
一日一日、やることを、やるという、
当り前のことを、いかに深められるか。

ごはん食べるのも、鍛錬だ。
といいつつ、やっぱり楽しもう。
楽しさがあるのがいい。




とにかく、徹底的に、積んで積んで、積んでみて、
それで気づくと思う。


より良い曲を創りたいと考えるより、
どんどんより良い曲を創れる。


そういう確信を
意識下に、無意識下に、刷り込む。



こうして、曲を創っていられることが
創り続けていられることが、


本当に、何よりだ。
何よりありがたいことだと、切に思う。

PageTop

3つの昔  その3

昔書いていたことの
最後のまとめとして書いてみます。

たぶん1000年前に考えていた、
理想郷というものがあって、

そして、今の時代に、思い描く
理想郷というものがあって、


それでも
人は、
いつもどおりだし、


それでも
あらゆることは
らせんを描いて
すすんでいて、
みんなが、いろんなことにきづいて、


だから、いつもいまが
より良くなっていると。


僕は、そう思うのです。

PageTop

おとによる絵

言葉というより


ピアノ音描き



今日は、スコールのような雨と、地震でした。

やっぱり、農とか土とか、地球の自然とか、
どんな大義名分よりも、そういうのが前提だということを、
常に気づいておく必要があるように思います。

テクノロジーも人も、自然の上に成り立ちます。

災害は、忘れた頃にやってきます。
おそらく、自然への感謝を、忘れた頃に、やってきます。

直接、何かをしてもいいと思うし、
何をしている時でも、そういう、人間の礎の部分を
ささえてくれるものに、ありがとうって
ちゃんと考えられる、そういうのが大切だし、好きです。

ご飯食べて、動いて、寝る。
どんな人でも、それが前提だからです。

ほとんど食べない人たちでも、プラーナや、空気中のカスミから
エネルギーは吸収していますし、それをご飯と考えさせて頂きたいと思います。


PageTop

ささやかに

ささやかな幸せというのは、

さささやかな幸せがほしい、というよりは

今、ささやかに幸せですって

そう言えたら、


それで、いいと思う。


一つの提案です。
今日も、どうぞ良い一日で、ありますように。

PageTop

日曜日

ピアノを弾いてマラソンをして
旧友のハナマタくんとお茶をして

曲を創る。

つくらせていただきます。


--
すればいいのか
しなければいいのか

バシャールのこの本を読みかえして
思ったのが


行動したいとき行動する。
したくないときは0でも、うまくいく。
そう思う。



おそらく動くべきか静止しているべきか
なんとなくわかっている。
言い訳をしたくなるのも、気づいている。


考えるより
ゆるゆるしているのがいい。


あとは
自分をととのえよう。


僕も、基本にかえろう。

PageTop

kanikusoさんなど

今日は、いつもの週末のように
5時半に起きて、坐禅をして、アルバイトで都内に行って、

夜はkanikusoさんの稽古に
顔を出させていただきました。

今回の9月の舞台のために、役者さん達に、演奏指導させて頂いております。

--
今日は、皆さんの
音色が優しかったのです。それは、それは。
一発目の音色がばーんときたので、
それだけでよくなりました。

今回の劇のイメージも
ばーんと、きました。
ああ
やわらかさだ、と。

役者の皆さん、ありがとうございます。
もはや伝えるべきことはほとんど伝えたので、
どんどん洗練されていくのを、楽しみにしています。

--

そんな感じで
自分も、わくわく最高に良い曲を、創らせて頂きます。
サコさん。

--

先日、ピアノの鈴木先生に、演奏をほめて頂いて、
「僕から言えるところは0なので、あとは次回まで、自分で
続けてみてください」

と言われて、

ああ
それだ、と思いました。


ひとに何かを言ってもらえることも大切で、
そして、0でも、
自分で気づいて、向上して、それを継続していること。


そして、ゆるゆるできていたら
楽しいです。


ひとに、褒められるだけだったときは
自分で気づくことの大切さに

気づければいいのかなとも、思います。


PageTop

8月14日と15日

昨日は夜に
けけ新都心店
で母親と姉と3人でご飯を食べた。
というかおごられた。(お土産付き)

ありがとうございます。

今日は猿まわし劇場様の
BGM修正を発送させて頂く。

そんな感じで
ゆるゆると
日は流れて。

--
赤ちゃんを泣きやませる方法というのは
たとえば泣いている原因を解明すれば
自然と泣くのをやめるかもしれないし、
いろいろあるかと思う。

まわりが完全に静止していれば、
彼は泣くだけ泣いたら泣きやむ。
そしたら誰も行為が0ですむ。
本当は、それが自然だ。

--
北風と太陽という寓話で、

コートを脱がせるには
風を起こすか暖かくするかというのは、
どちらも「行為」だ。

ゆるゆる待っていたら
そのうち旅人は宿にでも泊まって
お風呂に入るかもしれない。
服をぬぐ。
それは自然だ。

--
僕が鼻歌でも歌っていたり、小踊りでもしている方が
世の中は自然とうまくいったりする。
「する」人、行為者としての行為は0でもきっとよくて、
自分の行動をととのえたり、好きなことをしていたり、
そういう「状態」だけでいいのかな、とも思う。

ゆるゆるは状態だ。
それはそれは、ゆるゆるだ。


何かが起きても、違う何かが起きても、
どちらでも、いい。
ありがとうって思う。
感謝も、状態だと思う。


行動が0である人間の、やわらかさというか、
自分以外のものが、作用する空間をつくってあげる、
そういうゆとりや、愛は
ぜんぜんありだと思う。

--
アセンションとか、人類の平和に向けて
なにをするかというと

寝たいだけ寝たり

歯をゆるゆる磨いているくらいで
いいかと思う。

PageTop

わくわくする行動

鈴木先生のピアノレッスンで、江古田へ。
電車にのる。

--
赤ちゃん連れの、ご両親がいた。
赤ちゃんが泣いていて、
泣くのをやめなさい、と言っていた。

泣いていた赤ちゃんが、僕の方を見たから、僕は笑った。
赤ちゃんもつられて、笑った。
だから、なきやんだ。

僕は、そういう、肯定的な行動が、
悪いところも、しぜんと、消してしまうって、考えている。
なんでも。

それでも泣きやまなくても、
僕はきっと、その場でにこにこ笑っているだろうし、
泣きやまなくても、それはそれで、一つの結果で、いいと思う。


わくわくすることを、やっていれば、いいと思う。
やさしさと楽しさで、

本気の楽しさで、

僕は、すべての理屈はぶちぬけると思うから。

PageTop

同情についてなど

誰かの犠牲の上で
今の幸せが成り立っているとして、
それに気づいておく必要はおそらくあって、
ただ、同情は、0でいいと思う。

というのも反対の立場だったとして、
僕が同情から何かされても
やっぱりなんか
変な気分だからだ。

同情をかけられて、かわいそうだねと言われて
楽しい気分になるか、という考え方だ。

僕は僕なりに
今の環境下で幸せに生きているのが一番自然だろうし、
たとえばそれを「かわいそうだ」なんて
仮に誰かに同情されても

きっと困ってしまうから。


対等の立場がよいのだ。
というか、誰とも、対等な気持ちがよいのだ。

だから
僕の感じているのが同情だとしたら、
行動は0でいい。


なんていうのも
一つの提案だ。


--
かくじつに、僕の中にいたたまれなさというのはあって、
僕はその説明が、まだむずかしい。

目の前の不幸は自分のせいです、なんて言われても
僕は、同情とか罪悪感から動くのは、やっぱり0がいいし、
あくまでも肯定的な考え方であるほうが好きだ。
同情とか、罪悪感からよりは、愛とか、好きだとか、それをするのが
うれしいとか、そういう気持で、自分の行動から、ととのえてみよう。


けっきょく、思うことは、
バシャールの言っていること、
そのままだったりする。


続けられるペースが、何よりだと思う。
明日も、ゆるゆる良い一日でありますように。

PageTop

あきばおーさん

秋葉原のあきばお~さんにて

お友達のtera さんの
ブックレットとCDのコラボレーション作品
SuperScenic
が発売再開されました。
ご連絡遅くなりました。

拙曲もオリジナル1曲、アレンジ1曲入れて頂いております。

もし余裕ありましたら、ぜひご購入頂ければ
ありがたいです。


あきばお~担当者さま、
本当にありがとうございます。

PageTop

なんというか

成功とか
正しいとか

がよくとか
がまんとか



おいておいて
ゆるゆるだ。

PageTop

考えること

知っておくことはいいと思う。
いろんな事実に気づけるのは、おそらく、いいことだと思う。


なにかを伝えてくれる、素敵な人たちがいる。


僕も完全菜食(ヴィーガン)なので、
以下のブログを読ませて頂き、
そういうことに、気づいて、

だから、ごはんが
すごくありがたいということに気づいて、

本当に
ありがとうございます。

Vegan Kitchen さんへのトラックバックです。
--

飢餓人口この地球上で、食糧が足りず飢餓状態にある人口は、 8億5千万人です。 現在の世界人口は65億人(2006年2月25日時点:アメリカ合衆国統計局)ですから、実に、 7.6人に一人が餓えているのです。 日本では実感しにくいこの現状ですが、例えば 小学校の一クラス20人に置き換えれば、 20人のうち2~3人は飢え死にしそうな状態と言うわけです。 爆発的な人口増加によって、人口は 50年前の25億人から、 現在は65億人まで増加...
キガトニクショク。




--

真面目に考えて、
あとは、ゆるゆるでいいと
思うのです。

ゆっくり
ゆっくり
変えるべき自分を変えていく

それでいい気がするのです。

PageTop

とまりゆるむ

理由が0だと、
静止している。
動くのは、理由があるから。

理由が0だったら
ゆるんでいる。
しめてしまうのは、理由があるから。

いろいろと、あらゆることは、
ゆるんでいて、ゆるゆるしていて、基本は
それだけでいいと思うのだ。

ほっぺただって、
ゆるゆるしていたら

それで自然と
笑えてしまうし、
にこにこだ。


--
いつも
仙骨とか肛門まわりから、
ゆるゆるできて、

にこにこできて、

あたりまえとして
そうあって、


そしたら僕は
あらゆる正しさよりも


ただ
楽しいと思う。






PageTop

たのしさ

楽しさは、たぶん自分で創り出す。


楽しめないとき、
その楽しめなさを楽しんだら

僕は、僕に
気づいていることになる。


PageTop

ホームページ更新 08/07

大宮アワンカフェでのイベント
電子天心や
劇団kanikusoさんの
公演情報など追加させていただきました。

「イベント」欄をご観覧頂ければ幸いです。

PageTop

セルフヒーリング

何を食べたら気持ち良いかとか、
何をするのがわくわくするかとか、
どういう人たちの空気が好きだとか、
どういううたが好きだとか、

そういうのも、
自分で探して、自分で気づいて、

そしたらそれが一番
自然だし、
こういう生き方、いいよねって

にこにこ
言えると思う。


自分の癒し方。


ひとりだけでいる、まわりを拒絶するという事と違って、
まわりのいろんなことのおかげで、気づいたことから、
自分で自分を癒せたらいい。


だから
Mizukage Recordsは
「Self Healing」にしました。


他人の肯定と、自己の肯定。


創ることでも、聴くことでも、
はなすことでも、気付くことでも。
自分が一番、自分を癒せる。

僕からの、ひとつの提案です。


PageTop

座禅について 注意点など

僕は、毎朝の座禅を、およそ5年半前くらいから
やらせて頂いています。
5年半が約2000日だとしたら、
そのうちの1999日は、続けさせて頂いています。
1日やめたら、数か月分おちて、泣きそうになった経験が
あるので、毎日続けさせて頂いています。


僕は、
「禅―心と体が綺麗になる坐り方 」(池田書店)
を参考にさせて頂きました。
単純に、読みやすかったのと、モデルとなる女性の姿勢が
恐ろしくきれいだったからという理由です。

--
で、あまり触れられていないというか、
座禅をするときの、僕なりの、経験上からくる注意点です。
基本的な座禅のやり方とかは、いろいろあるので、
やりたい人は自分なりに探してみて頂ければ幸いです。


あくまでも、僕の経験上なので、ある程度の参考意見として
考えて頂ければ幸いです。個人差はあるはずです。
--
①食後の2時間は避ける。

・「消化」は、とにかくエネルギーを使います。
胃に集中的に、エネルギーがいきます。
食後すぐの座禅は、胃にいこうとしているエネルギーを、
他に無理やりまわそうとする事になるので、具合が悪くなる危険性があります。
食後は避けた方がいいです。
気持ち悪くなったらすぐにやめてください。
個人的には、食前にやる方が、よいです。
内臓の具合が悪くなっても、腰や骨盤はゆがんできます。


②一日ごとに、左と右の足を入れ替える。

結跏趺坐(けっかふざ) でやる場合、同じ足の組み方で、ずっと続けていると、
骨盤が徐々に歪んできます。僕は一年間、ずっと同じ方の足から組んでいたら、
腰あたりから骨盤が少し歪みました。今は一日ごとに足を入れ替えています。

半跏趺坐(はんかふざ)
でやる場合も、入れ替えた方がよいかとも思います。


③ゆるゆるやる。

・座禅時の呼吸は、丹田呼吸が、一般的なようです。
それでもいいかなと思いつつも、
その際は、丹田を、たぶん緩めた方がいいです。
丹田を「しめる」と、ほかのチャクラも固くなるかもだし、
あくまでも「気を通す」と考えた方がいいのかなと思います。
ゆるゆるで。
あくまでも、経験上の考えです。

僕は、呼吸は丹田より下げていて、
肛門や仙骨より下あたりのところから、
ゆるゆる呼吸をさせて頂いています。
丹田呼吸のときは15秒~20秒だった呼吸が
ゆるゆる呼吸で、60~70秒になりました。
ルドルフ・シュタイナーの「健康と食事」によると、普通の人間の呼吸は
4秒に1回らしいです)

呼吸ありがとう、と思いながらやると、自分は
よい感じだったりします。

呼吸がととのうと、
きもがすわって、思考や行動はスムーズになります。


どの呼吸法が正しいかというよりは、
いろんな呼吸法から、自分なりの呼吸を、創造していくのが
良いのかな、とも思います。
傾倒しすぎる危険性はあるので、腹八分目くらいで。


座禅の時は無心で、とか、呼吸の事だけ考える、とかさまざまな意見があります。

僕は、座禅の時、「すう・とまる・はく・とまる」の、
呼吸を細く長くする、「長息」のことを、考えるようにしています。
僕のやっているのは
座禅というよりは呼吸鍛錬に近いです。

④つづけてみる。

・最初にはじめたとき、座禅できた時間は3分間でした。
今は40分です。
5年続ければ、それくらいにはなります。

座禅は、「動けない」というものではなく、静止を知るものです。
行動の否定ではなく、静止の気づきであって、
呼吸のみの行動の肯定です。
9動けないのではなく、1動けます。
動けないと考えると、くたびれます。
呼吸だけしていていいと考えると、らくです。ゆるゆるです。


静止は頭で考えるものと違って、
本当に、止まるものです。


--
たとえば大周天・小周天の法とか、禅宗の修行やヨガや、
そういう気功法にくらべたら、僕の書くのはあくまで
「さわり」でしかないし、きちんと作法を学びたい方は
禅寺などにいって講習を受けさせて頂いた方が、
良いかとも思います。

といいつつ、僕もいろんな呼吸法は参考にさせて頂いています。
ありがとうございます。


ただ強引な勧誘などには気をつけた方が良いかなと、思います。
どんな良い意見や思想も、提案から強制になったら
間違いになるはずです。


--
座禅がどうのというよりは、
座禅をしたことで
どう変わるかというところだと思います。
座禅そのものの意味は、0なはずです。

そして僕は座禅が、大好きです。

PageTop

いいことについて

いいことの前に

ゆるゆる
しておいた方が
いい。


いいことをしたい我欲で
いっぱいだ。
僕は。

ゆるゆる
しておいた方が
いい。


行動が0の状態を
選べたらいい。


にこにこしたり
ゆるゆるしたり
そういうことだけでいい。



僕の気づきだ。

PageTop

Mizukage Records

Mizukage Recordsのページを
更新させて頂きました。


しらかばさん、
トップページの絵
素敵すぎです。



そのうち
いろいろと
再アップロードするはずなので、

八月末のコンピレーションも含めまして、

ゆるゆる、お待ち頂ければ幸いです。







PageTop

腹八分目と話半分について

それが、
どんなに、無意味だなあとか、おかしな話だなあとか
仮に感じたとしても、

半分は自分にとって、気付くべき箇所が、きっとある。
だから話し半分は、聞いておいた方が、きっといいかなと。


そして、それが、
どんなに凄く、自分にぴったりだったり、最高の内容の話だったとしても、
100%それに傾倒するよりは、


腹八分目くらいで押さえておく。
二分は、空白の部分、あそびを残しておいて、
その空白は、いつか自分で気づいたら、いいかなと。


そういう感じで
人の話を聴いてみようと
考えています。

PageTop

むさぼり

何かを貪る僕は
ひどく不安なのだと思う。

おかねや、しごとや、食、地位、名誉、
立場、あいじょう、

不安だから、
ひどくむさぼる。


むさぼる僕は
あまりにも不自然で、

少し、
笑ってしまった。


今日も、良い一日で
ありますように。

PageTop

損得と衣食住の脅迫について

僕という人間が
こういう考え方で、
それを好きだと言ってくれる人がいることを
なによりありがたいと思います。

ありがとうございます。

--
「それで食べていける」という表現があって、
それについては、あれれと思うわけです。

仕事というのは、
衣食住の脅迫とは
また違う気がするので、

僕なりの基準としては
それをすることで、損も得も0だったときに、
どんな事をするか。

それが本当にやりたい事なのかな、とも思います。

僕は損も得も0だったら、やっぱり
猿まわし劇場さんの作曲を楽しんでさせて頂くし、
kanikusoさんの作曲も、楽しんでさせて頂くし、
週末に、やっぱりアルバイトにもいかせて頂きます。
僕は収入も支出も0だったら、やっぱりアルバイトに週1日は
行きたいわけです。

柏谷楽器さんのスタジオでピアノも弾くし、
ピアノ曲も創らせて頂くし、録音もするし、
エレクトロニカの曲だって、おそらく、わくわく創らせて頂きます。


「作曲で食べていけるの、すごいね」
というよりは
僕は食べていて、作曲をします。
作曲で食べるというより、食べて作曲します。

僕の基本の職業は、地球人です。
あとはいつもゆるゆるします。

--
「食べる」ためには
食べ物をつくればいいという考え方が、本来は一番シンプルで、
要するに自給自足で

それをするのかどうなのか、とかは
各々の考え方があって、

ただ、そういう当たり前の事に
気付いておく事は、いいと思うのです。

衣食住の脅迫からの解放が
やっぱり良いなと思うのです。
食べられなくなるよっていうよりは

住んで食べて服を着て、
そしてやりたいことをしていればいいと思います。

衣食住の完全なる供給があったときに
何をするか。損も得も0で、ぜんぶ0だったときに、何をするか。

それがやりたいことだと思うのです。
だからそれをやっていれば、おそらく
おのづと生活は、シンプルに成り立つと、考えるわけです。

--
世の中というのは
そういう感じで
うまくいくもので、

我欲が0で、
我慢が0で

とにかくゆるゆるで
いいわけです。
今、ゆるゆるするのが
いいです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。