みずかげ ぶろぐ

わくわくだったり、自分自身へのゆるし、そんなゆるゆるだったりな、日々の事です。いつも愛と感謝です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

人も自分も

人も自分も楽しい
そういう、はたらき方だったり、
生き方だったり
環境だったり
日々にきづく

そういうこと
なのかな

なんて考えています。

--
楽しいのがいい、
楽しくないのがいやだとか、そういう気持ちも無く、
楽しさに対しても、ゆるゆるしていたら


それだけでも
楽しそうです。

スポンサーサイト

PageTop

ふがいなく

もっと良い曲を
どんどん創れるようになれば、
ああ
まわりの人をもっともっとどんどん喜ばせられるのになあ

などと考えて、


いろいろ、予定を遅らせれしまって、
とにかくそれは本当に申し訳無いです。
皆さんごめんなさい。


良い曲をどんどん創れるようになるためには
とにかく創って、そこからまた
創って、というそういう日々の繰り返しかなとも
考えています。


一曲一曲真剣勝負であり、
ゆるゆるであり、かけるのは手間と愛情です。


あとは
感謝で。

ありがとうございます。


PageTop

何があるとか

どうすれば
うまくいくかというよりは
どう、うまくいっているか、
そのことに
感謝できたら
すごくいいなと思います。


今があるっていうことは
とにかく
素敵なことです。
ゆるゆるです。


--


PageTop

良さについて

時間を大幅に遅れてしまう人、というのは、
たとえば、その分、他人が時間を大幅に遅れてしまうのを
にこにこ待ってあげられたり、

時間にきっちり、お金にきっちり、とにかく厳格、という人は、
その分、人の時間やお金をきっちりきっちり考えてあげられたり、

時間にルーズな人だったら、
他人にも時間的ゆとりを持って
接してあげられる人だろうし、


ゆるゆるな考えだったら
人にもゆるゆるだろうし、
他人にすぐおこるなら、
それは自分に対しても、きちんとそれを考えている人だろうし、

なんていう
それぞれの良さがあるのかなと

考えています。




ぼくは
感謝していて
つつしんでいて
ととのえていて、
そういう状態が大好きで、

明日も、ゆるゆるです。


どうぞ素敵な週末をお過ごしください。
ありがとうございます。

PageTop

縦の虚構と横のつながりについて

横のつながりの大切さ、良さというものがあって、

縦のつながりというのは何かなと考えた時に、
それは、おそらく虚構なのかもな、と思いました。

身分の違いや、たとえば敬ったり、尊敬したり、
ご依頼を頂いたりという、仕事上の立場というものはあっても、
人間そのものとしては、みな平坦な立ち位置のはずなので、

だから依頼をする立場も、依頼を受ける立場も、
はたらく側も、はたらいて頂く側も、誰でも
同じ高さだろうなと考えます。

もちろん、役職の違いはあります。
平等、というのは、立っている高さが平等なのかもな、
と考えています。


明日も、どうぞゆるゆる
良い一日を、お過ごしください。

PageTop

そんなゆるゆると感謝

コミュニケーションがうまくいかないというのは、
コミュニケーションしていない部分が原因、というのは
ああ、なるほどと思います。

これはバシャールの考え方です。

扉の向こうにどんなものがあるか、空想で考えているよりは
開けてしまうと

次に進めるみたいです。


--
義務だと
くたびれるので


ゆるゆる感でいいやと思いました。

こうされたら自分は嬉しいな、喜ぶなということに
時間をつかわせていただいたり、おかねを遣わせていただいたり、
一般的な正しさというのは、完全に別でもいいし、
それでいいやと思います。

ゆるゆる感と
感謝感が好きです。


明日も、どうぞ良い一日をお過ごしください。
ありがとうございます。



PageTop

両肯定など

日々を、わくわくゆるゆる
過ごさせて頂いております。


--
変わらないものが無いから、
いろいろ変わって良いんだろうなと

思います。

その上で、
変化の肯定をした上で、無変化の肯定も、
おそらく良いと思います。

いつもどおりの良さ、があります。

どちらも肯定するのがいいなと考えています。

りんごとぶどうでは、
たとえば僕はりんごが好きで、
ただ、仮に僕がぶどうを否定したとしても
それは、りんごの肯定とは、完全に別物なはずです。

ぶどうと比較してりんごが好きというよりは、
ただりんごが好きなので、


だからぶどうも、好きなのです。

--
お互いに勝ちの状態がいいなと考えます。
仮に誰かを負かしても、敗北させても、見下したり、馬鹿にしても、
それは僕の勝利や優位とは完全に別物なはずだからです。

誰かを見下したりして、それによって自分の優位性が
確率しても、それは、おそらくただの錯覚か、虚構です。

そういうときは、なにより、まず
自分自身を大好きになって、自分自身に
ありがとうと、感謝すればいいかなと考えます。

あなたが勝って
僕も勝って、そういうバシャールの、
WIN/WIN状態、お互いに勝ちが
好きです。

だから、良いとか悪いとか別で、
あらゆるあらそいは、
敗北させようとすること自体が、
自分が無力だと痛感しているんだろうなと
思うのです。
敗北させることが勝利者をうむという考えかたは、
おそらく完全に違います。

--
そんな感じで、スピリチュアルか、理性的かというのも
ああ
どっちもあればいいやと

思うわけです。

スピリチュアルを肯定しても
理性的なものを肯定しても


まあどっちもあるといいや

と思います。
あとは自分の気持ち良いバランスで、
両肯定していればいいかなと思います。


どうぞ良い週末をお過ごしください。









PageTop

肯定的に

とにかくその事象を

肯定的に考えられたら

いいなと思うし、

自分自身に対する感謝と
好きさえ、完全にできていれば、


おそらく、まわりの何でも
好きだし
感謝できます。


まわりの事象がどうのという事とは完全に別で、
その事象から生まれる
自分の中の感情や、感覚の問題かなと、
考えるわけです。



PageTop

自分への好きとありがとうについて

おそらく完全に、
対人関係というのは、
目の前の人が嫌なのとは違い、

自分自身の中の、いやだと感じている部分を
見ている、気づいている、

そういうことかなと考えます。

--
好きと感謝は、右手と左手のようなもので、
どちらもあると、おそらく完全に機能します。
そして、すべての基本として、
自分自身への好きと、自分自身への感謝です。

いやだなと感じるときは
自分自身への完全な好きと、自分自身への完全な感謝に
いつも気づいてみる良さ、という提案です。


がんばるのも、
わらうのも、
こころにとどくのも、
やさしいのも、
魂からのじょうねつも、
せつないのも
なくのも、

いつも
ゆるゆるさせて頂いています。

そういうのは、すごくいいなと考えています。

どうぞ、わくわく素敵な休日を
お過ごしくださいますように。




PageTop

神社や神様と、隣の山田さんと掃除について

何にありがとうより
まず自分自身にありがとうだし、

自分自身に感謝ができていると
いろんなことに感謝ができるので
よいです。


--
小林正観さんの「日々の暮らしを楽にする」という本を読ませて頂きました。
いつも素敵な書籍、本当にありがとうございます。


神社にお参りにいくとか、
神を信じるとかどうとか、
そういうことについて、僕なりの提案を書いておきます

神様というか、神的な法則というものは、おそらくある、と僕も考えます。
それは、バシャールや小林正観さんが言っている通り、

「与えたものを、受け取る」

という法則性がすべてにあって、それを神さまと呼ぶなら、ああ
神様いるよね、という考え方です。


それが正しいのかどうかは完全に別です。
そう思うな、感じるなという、僕の感覚です。

--
神様にお願いごとをするよりは、神社にお参りというのは
ただ「ありがとう」とだけ言いに行く、それだけで良い、と小林正観さんは
書かれていて、それは僕もやっぱりそう思います。

僕としては
宗教とか、神様については、
隣の山田さんの家のおじいちゃん(仮名です)的な感覚でいいと思うのです。
ちなみに実際の僕の住んでいる家の隣は、山田さんと違います。
(知り合いの山田さん、ごめんなさい。名前を使わせて頂きます。
ありがとうございます。)


神様にすがるというのは
隣の山田さんのおじいちゃんにすがるということと一緒です。
神様にお願いごとをするというのは、
隣の山田さんのおじいちゃんにお願いごとをするということと一緒です。
神様に感謝するということは、
隣の山田さんのおじいちゃんに感謝をするということと一緒です。
神様を信じなさいということは、
隣の山田さんのおじいちゃんを信じなさいといっていることと一緒です。


やっぱり山田さんの家のおじいちゃんも、
ありがとう、長生きだね、いつも元気だねって言われた方が嬉しいし、

何してください、何がほしいです、って言われるよりは、
山田さんのおじいちゃんを信じなさいとか、なぜか人が勧誘しているよりは、

ただ、お参りに行ったら、ありがとうという。それでいいと思うのです。


たとえば、神社に行って、お賽銭をあげるなら、丁寧にあげたり、
ゴミ拾いのお掃除をしてみたり、

隣の山田さんのおじいちゃんが、これをされたら嬉しいと思うだろうな、という感覚で
いいかなと思います。

--
神様に対する妄信にも気をつけたほうがいいし、
神様を信じないという事に対する妄信にも気をつけた方がいいです。
という提案です。


神様はこうだよ、とか、
そういう事柄については、人の意見や書籍などは、
腹八分目で良いと思うし、
かといってどんな意見でも、話半分、
50%はそこの中から、良いものが見つかるはずだし、

まずは、自分自身にありがとうで、
ゆるゆるしておくのがいいかなと
考えています。

--
正しさは、おそらく無いです。


何が正しいか、なんてこととは完全に別で、

僕の考え方と
あなたの考え方と
すべての考え方と

なんでも本当は肯定できるはずなので、


そんな
ゆるゆるです。









PageTop

シンプルさ、複雑さについて

最近、作曲の効率を上げるために、
作業中は、LANのケーブルを抜いています。
ついついネット、ついついメールチェックなどの時間を
完全に無くす事ができて、これはありがたいです。

--
シンプルということについて考えました。

シンプルさの肯定をしていても、複雑さは肯定できると思うのです。

シンプルな生き方もあれば、
シンプルさに気づいている生き方、というのもあると
思うのです。

ああそれが、しんぷるだよねと
気づいていることが、まず大切かなと考えています。
そこに本当に気づいているなら、大丈夫かなと考えます。


シンプルさというのは、複雑さの否定というよりは、
複雑さの肯定であればいいなと考えています。


あしたもゆるゆる
良い一日でありますように。




PageTop

書くことが

無いというのも

きっと良いことなので、



書くことが

無いくらい、ゆるゆるです。

という事を書きます。


考えがまとまったら
また書けるかなと思います。


どうぞ、わくわく素敵な週末を
お過ごしください。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。