みずかげ ぶろぐ

わくわくだったり、自分自身へのゆるし、そんなゆるゆるだったりな、日々の事です。いつも愛と感謝です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

観照への気づきについて

座禅とは若干違う話ながらも
ゆるゆると話半分、
お読み頂ければありがたいです。


参考文献:
エンライトメント―ただひとつの変革 神秘家・アシュタヴァクラ
OSHO(著) スワミアンタールソハン (翻訳)
(現在手元に無く、数年前に読ませて頂いた書籍です。
ありがとうございます)

--
「悟り」とは何かということ、
それ自体への考え方が
おそらく人それぞれあって、

たとえば精神的な高みの境地へ昇っていくこと
至高の領域にたどり着くこと

そういう考え方も大好きです。

観照によって、
それを悟りと仮に考えるなら
「すでに悟っていることに気づく」
状態です。


--
観照とは
たとえば、

どうすれば心を落ち着けられるのか考えたり、
心を落ち着かせることの大切さを知る
というより

心の落ち着きそのものが
ひとつの虚構である

という領域からの気づきです。

おそらく、誰でも生まれた瞬間の視点は、
まさにその領域で、
すべての意味づけが外れた状態から
あらゆるものを見ています。

観照とは、
何かの境地にたどりつくというより
ああ、生まれたときの視点は
こうだったんだなと
改めて気づく

その再認識です。

--
だから観照に気づいている人は
何かの境地に達したというより、
最初の感覚にかえる事ができた人、
なのかなと考えています。

どんどん
いろんな情報により
人は目をつぶっていってしまって、
それはそれでよくて、

最初に、
既に目をひらいていたよ
という感覚です。

観照に気づくと、おそらく
善の感覚も、悪の感覚もはずれた
すべての意味づけを外した領域から
自分自身も、見下ろしていられます。

だから
観照に気づいたお爺さんは
仙人になるとか、ゲートボールがうまくなるとか
そういう話とは完全に別で、

ただ、いつもの自分や
いつもどおりのゲートボールの腕前の自分を
見つめていたり、その見つめている視点から
くつろいだり、楽しむことができるわけです。


--
観照に気づいている人は
善人とも悪人とも
違う領域から物事を見ているはずなので、

目の前で人が殺されていても
そこに対する
意味付けをはずすことができる、

おそらくは、それができます。


観照は
心とは完全に別に
心そのものを
くつろいで見ている領域です。

観照にきづいても

やさしさとか愛情、
情熱やわくわくを

心として

つけられたらいいかなと
考えています。

人として
ゆるゆるわくわく

まわりのすべてとともに
にこにこ楽しむこと
創造していくこと

それが
いいかなと思います。


ありがとうございます。

スポンサーサイト

PageTop

自分自身に

自分自身に

ありがとう、、

そこから。
まずはそこから。


--
実際に、
3回言ってみると

15分後くらい
までには

素敵な現実に、

おそらく
なります。

PageTop

言霊の影響性について

社会の変化は、
社会の混乱とは

完全に別物で、

すべて混乱があるとしたら、

それはおそらく
心理的な虚構かなと
考えています。


感謝とゆるゆるが
何よりです。

--
言葉の影響性について、
書いておきます。
これも、僕自身が
そんな感じかもな、と
気づいた事なので

話半分、ご一読いただければ有り難いです。

--
参考文献:
アトランティスの叡智

ゲリー・ボーネル (著)
(手元に無く、数年前に読ませていただいた文献です。
ありがとうございます)

--
言葉として発した「約束」というものの
大切さ、良さがあります。

自分の発した言葉による「宣言(約束)」と、
そこに対する自分の「行動(結果)」が
自らの言葉、言霊の影響力を決めるようです。

--
「私は今日の八時に東京駅に行きます」
と約束したと仮定して、

とった行動が、

①八時前に行く
②八時ちょうどに行く
③八時過ぎに遅れていく
④行くのを忘れる

とあったとすると、


④の行くのを忘れた場合も、
「私は八時に東京駅に行きます」という言葉による宣言と
「行くのを忘れた」という結果が結びつきます。

ヒトの、肉体以上の、精神より上の
魂(たましい)のレベルで、言葉を
そう認識していまう、という事みたいです。
行くのを忘れる行動を、
八時に東京駅に行きますと認識するらしいです。

その結果、

自分の言葉の作用が、
ずれてくるのかなと考えています。

きちんと約束を果たせば
言葉どおりの影響力が
強くなっていきます。


自分の言った事が
すぐ叶ったり、
うまくいくと言っていると
うまくいったり、
人の心に届く、素敵な言葉を
与えられる人は、


おそらく
きちんと自らの宣言(約束)に対する
行動を、そのとおりに行っている人
なのだろうと考えています。


「私は~します」という言葉や約束を
発する際は、
丁寧に、大切に、

そして
わくわく楽しんで、
宣言をして、実行するのがいいかなと思います。


その約束と結果がずれたとしても、
それが大切な用事だったり、
誰かへの思いやりの結果だったり、
たとえば一生懸命何かをした
その結果だったりするなら、

おそらく、
わくわく良い形で、
言霊は、ずれるはずです。

--

今日、言霊どおりの行動を
ゆるゆる実践したり、
感謝の言葉がいっぱい
あふれていたら、

明日は良い言葉の影響力が
ありそうです。


--
「ない」という言葉については、

否定の意味での「ない」は、
例えば「あせらない」は、

魂(たましい)のレベルで、否定の「ない」を
認識することが完全に無いらしく、「あせる」と認識するらしいです。

あせらない、あせらない、と言ったり
その言葉の書かれたものを見ていると、
「あせる」に、現実世界で常に抵抗している状態
なのだろうと考えています。


魂レベルで、「あせる」と認識して、
こころや脳のレベルで、「あせる」を否定している状態なので、
ずれが生じて、具合が悪いようです。

「あせらない」は
「あせることが完全に無い」だったら

否定と違い
ゼロの状態なので、

良いかなと考えています。


だから、
「戦争や争いをしない」よりは、
「戦争や争いが完全に無いです」で、

ゆるゆるしているのが、好きです。


--
肯定的な言葉で
あふれていたら、
きっと

肯定的な現実を
自分が創り出せる、

そういうのが
いいなと思います。


いつも
ありがとうございます。

PageTop

菜食からの 精神的影響性について

参考文献:

健康と食事
ルドルフ・シュタイナー (著)
イザラ書房
(現在手元に無く、数年前に読ませて頂いた文献になります。
ありがとうございます):

--
2003年から、作曲上の精神的向上のため、
お肉を食べることをやめはじめ、
2006年から、
動物性そのものを完全にやめる食生活(ヴィーガン)で
ゆるゆる生活しています。


地球環境に与える影響や
健康面については、ほかの方が書かれているので

僕が実際に完全菜食の生活を続けて、

精神的な面で、何を食べるとこういう影響があるよ、
と気づいた事を書かせて頂きます。

僕にとってそういう影響があったようです、
という事なので、あくまでも一つの考えとして
話半分で、読んで頂ければ有難いです。

菜食をしようとか
肉食をしようとか


何を食べるといいとか
悪いとか


食はデリケートで
勧誘はおそらく
危険であり


それぞれの考え方があって
個人の自由な選択だから、


僕はこうして
ゆるゆる生きています、という
一つの提案です。

--
お肉:
例えば、その動物が殺されたときの「なぜ殺されなければならないのか」
という否定的な感情を一緒に食しているために、
その否定的な感情が精神的に影響する、という説があります。

牛が牛の骨粉を食して狂牛病になったり
人肉を人が食して精神的に異常を発したり
近いものを食べると精神的に波長が乱れる

という考え方があります。

--
豚肉・牛肉について:

食後~24時間は
波長が乱れ、動悸が激しくなります。

違和感があるため、それを肉体面と精神面で、
体が一生懸命ととのえようとしてくれている
可能性もあります。

この期間は自己否定的な
感情になります。

食後24時間~48時間くらいになると、周波数が
落ち着きます。重い部分で落ち着きます。

自己否定からくる、ネガティブによる
他者否定の感情になります。

--
鶏肉について:

少し哺乳類と遠いので
豚肉・牛肉などの哺乳類のお肉より
上記の精神的影響が少なく、


感情的には
少し意地悪になります。

--
お魚について:

肉体(脳をふくむ)的には
栄養素の面で利点があります。

精神的には
「理性的、常識的」になります。

ひとつの考えや行動をするにあたって、
直感的に動く前に
あるワンテンポ、理性による判断が発生します。

脳のレベルで、直感に対し
ワンクッション入る感覚です。

--
卵について:


不安になります。


理由無く
すこし不安な感情になります。

--
牛乳について:

地球人っぽくなります。
お肉やお魚、卵のような感覚は無く、

あくまでも
地球人的になります。

突き抜ける感覚から
普通に落ち着く感じです。


健康面、精神面は、どちらも深く関わり合っているので、
健康面から、
抗生物質が入った飼料を食べた牛さんからとれた
牛乳か、元気いっぱいに育てられた牛さんから頂いた牛乳か
どうかなども、考える必要性が
おそらく、ありそうです。

それが良いとか悪いとかとは完全に違います。


--
感謝の捧げられた
お肉やお魚、
大切に育てられた家畜のお肉
愛情こめて作られた料理

などは

影響が少ない、というのは
おそらくありそうです。


加工されすぎた食材(肉ミンチや肉エキス)などより
新鮮なものは、
やはり否定的な影響は少ないかなと
思います。


自分が食される側になったと仮定して、
どうされたら、うれしいかな

という事かもしれないです。

菜食、肉食
どんな食生活にしても、
ありがとう
は、あったらいいなと
考えています。

もしかしたら

頭では食べてもいいよと考えていても、
からだやこころが
あっているよ、ちがうよと
教えてくれているのかもしれないです。

--
栄養素的な面は
どの食生活にしても、

何の栄養素が足りない
何が足りない
と考えるよりは、

いま栄養が足りている
だから生きている

その自分が、

少ないと気づいた
その栄養素をとって、

より元気になるよ

という考え方でいいかなと
考えています。


僕もあなたも
完全に元気です。

--
正しい悪いとかは
完全に別で、

食事も含めて、
その生活を続けてみて
いろいろな影響を頂いて、

自分が気持ちが良いなら
ゆるゆるできるなら
わくわくできるなら、

それが一番
ありがたいです。


いつも
ありがとうございます。

PageTop

楽しさについて

何が楽しいか、

こころが動きたい方へ
からだが動きたい方へ


それは
ゆるすぎだろと

つっこみ入れられるくらい
ゆるく

曲も
自分も。

--
ピアノウタのCDを
秋葉原のあきばお~さんで
先月くらいから
発売して頂いております。

ありがとうございます。


PageTop

もとめる などについて

思考やマインド(心)は
ただ、あるか無いかで、

「考えない」という考えがある、無し
つまり
考えないという考えがあるか無いか
それだけだったりもして、

だから僕は、
日々の座禅の時は、
足の指先からのゆるゆる呼吸以外は、
「すべての思考を完全に外す」という考えだけ
考えさせて頂いています。

その日の予定など、
そのとき湧き上がってきたものに気づいて、
それをゆるゆる外す、という事をさせて頂いています。

「何も考えない」は考えるの否定形なので、
その時点で、おそらく考えています。
そのよさもあると思うし、
そのうえで
僕は
「思考を外す」
非思考よりは無思考を
選ばせていただいています。


無心でいることというより、
そもそも本来が、無心です。

無心
という水の上に
こころ(マインド)という船が浮かんでいるだけなので、

こころ(マインド)があるか無いかです。
正しいかどうかは完全に別で、
そういう考え方があって、僕は好きです。

OSHOさんがこれについては
良く著書で述べられています。

--
おかげさまで
呼吸については
座禅中は
1呼吸80~90秒にさせて頂いています。
ありがとうございます。

日々の座禅をはじめて、6年半経ちました。


続けていると
それだけで
突き抜けていけるのかな、とも
思います。


まだまだ
ゆるゆるわくわく
精進させていただきます。
--
もとめること
もとめることすら
無い事

どちらが正しいかというよりは

自分がそれを現実として経験した、
「いま」そのときに
ゆるゆるできているなら、

おそらくそれが
一番いいし、

すこしもとめてもいいし
もとめることが無くてもいいし

何より
まず
自分自身へのありがとう

そこから
全ての人にも
全てのことにも

ありがとうと感じられている

そしたら

それが一番

ゆるゆる
わくわく

していられるかなと

考えています。

PageTop

物理的にゆるいと

あごを

ゆるゆるさせると

どうやら

いろいろと
ゆるゆるできそうなので


硬い時は
あごから
ゆるゆるしてみます。


--
Vegan Healing Cafeさん
Loving Hutさん
さいたま新都心の 自然式食堂 ケケさん

いろんなところで
いろんなお話を

わくわくさせて頂きました。
話もそうだし、
何よりお食事が、とってもおいしいです。


カドイ君、ヒロさん、
母、姉、みなさん

本当にありがとうございます。

--
僕の否定的な感情は

おそらく僕の
完全な敗北で、


なんというか

申し訳無いし、


まだまだ

精進させて頂きます。


ごめんなさい。
ありがとうございます。

PageTop

状況の否定と、自己の依存について

湧き上がる感情としての、
きらいが
一番の
執着かなと考えています。


もし仮に、僕やあなたが
目の前の人をいやだいやだと
考えていると、

それが一番
目の前の人にべったりで

自分自身をいやだいやだと考えていると

それが一番
自分自身にべったりで、


日本の政治が
いやだいやだと考えていると

やっぱり
日本の政治に一番べったりしているし、


成功したい成功したいと考えていると
成功していない成功していないと
いっている感じで

一番成功にべったりしている

のかなと
考えています。


好きだと手放せるし
そういう関係性が
好きだし、
それでいいかなと考えています。


そういう提案です。



--
どうぞ
素敵なお盆休みをお過ごしください。

いつも
ありがとうございます。



PageTop

明日の遊びについて

明日

完全に
遊んでくださいって
言われたら

何をしようか
わくわくしてしまうし、


その気持ちは
すごく大切なので


その気持ちで


明日の一日を
ゆるゆる
過ごしてみようと

考えています。


何をしていても
遊びのこころがあったり


人が楽しそうに遊んでいたら
ああ自分も遊ぼう

という気持ちも

大切かなと考えています。


あした遊ぼうと思った時の

その瞬間の
わくわく感は

とても好きです。


--
どうぞ皆様
良い週末を
お過ごしください。

いつも
ありがとうございます。

PageTop

いろいろなものを

観させて頂いたり
聴かせて頂いたり
気づかせて頂いたり

自分の心のゆるゆるとは
完全に別で


本当に
気づくことは
いろいろあって


スプーン一杯の
向上と

わくわくで


明日も
いつも通りの中で

あたらしさを
創る

そういう一日にします。



いつも
ありがとうございます。

PageTop

その観念と引き寄せについて

自分の
まわりの人というのは

僕が観念として
何を信じているか

そういう事をよくあらわしてくれているんだなと
考えています。

似たような人を
ひきつけるなら

僕が変わると
まわりにいる人たちも
変わっていくし、

関係性の変化を
ゆるゆる楽しんでいくのが
いいかなと考えています。

--
行動として
実際に何かをおこすということは
とても大切で、

愛情があるのに
「ばかやろう」というなら
やっぱりそれは「ばかやろう」で
愛情がなくても
「ありがとう」というなら
それはやっぱり「ありがとう」です。

行動として何かを起こせるということは
やっぱりその気持ちや観念が、どこかに必ずあるから
できるのだろうと
考えています。

口先だけ、というよりは
言葉として言ってみるということは
すでにひとつの行動で、確実に意味が
あるだろうと思います。


与えた行動は
かえってくるから

今の自分への、まわりへの
言葉としての感謝
行動としての感謝
どちらも

大切なことだなと
思っています。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。