みずかげ ぶろぐ

わくわくだったり、自分自身へのゆるし、そんなゆるゆるだったりな、日々の事です。いつも愛と感謝です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

蔭ながら

誰かの犠牲と、
誰かのお蔭。


僕は「あなたの犠牲の上で生きています」
と言われるよりは
「あなたのお蔭で生きています」
と言われる方が、きっとすごーーーく嬉しい。本気で嬉しい。

だから、誰かや何かを犠牲にして生きていると考えるよりは、
いろんなもののお蔭で生きていると考えた方がおそらくいいな、と
考えています。
実はあらゆる人が、どこにも誰にも「迷惑」なんかかけていないし、
そしてだから、あらゆるものの「お蔭」によって生きているはずです。
罪悪感の強制は、きっとまやかしです。


仕事にしても、ある一つの仕事を奪い合ったりする構図というのは
おそらく違って、
例えば誰かがある分野でいい仕事をしたら、
そこが活気が出てきて、ああこういう事もできるぞ、みたいに新たな仕事や活動が
どんどん増えて、それが広がっていく仕組みなはずです。

だから、僕がさせて頂いている大切な作曲の仕事にしても、それは
ある時どこかで誰かがいい仕事をしてくれたから、活気を出してくれたから、
そのお蔭で発生しているのかもしれない。


おかげさまです。
ありがとうございます。

他人と争うくらいなら、僕は
もっとわくわく、理屈ぶち抜いた曲創っていたいし、その方が長者にもなれる。
一万円落ちていて一日中おりゃーとか喧嘩しているよりは、
その分の時間で十万円以上の仕事をします。

欠乏感も、まやかしで、
仕事も豊かさも、おそらく無限に発生します。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。