みずかげ ぶろぐ

わくわくだったり、自分自身へのゆるし、そんなゆるゆるだったりな、日々の事です。いつも愛と感謝です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

金銭と時間と静止の考察

ええと、まずは。
先日書かせて頂いた、ブログについて。
「春を買われそうになった」と書くと
すごく語弊がありそうな気がした。
「お金あげるからちょっと見せて」
とトイレで隣に並んだ年輩の方に言われた。
そういう話だ。
強制とも違ったし、温和な良い人だと思う。
いくら出されても断った気がするし、
別に100円でも無料でも、
見せた場合の結果や、それで得たお金などについては
考えたはずだ。


僕は善人とも悪人とも違うだろう。
そういういろいろな事に気づかせてくれたこと。
本当にありがとうございます。

--

ニートとか、フリーターとか、そういう話だ。
この国は、いま、おそらく貧乏感がある。
それを前提に進める。


時間とお金は、同義だ。
お金の貧乏感は、時間の貧乏感につながっている。
時間の貧乏が、お金の貧乏だろうと。

たとえば、手帳に予定が詰まっている事に喜びを
感じる風潮。そういう話だ。
手帳の空きが怖いなら、時間を埋めるだろう。手帳は
スケジュールでいっぱいになる。
お金でいうなら、ゆとりあるお金があるはずなのに、
あるお金を、とにかく遣う、その欠乏っぽいものをなぜか喜ぶという、そういう話だ。


ニートという単語がある。
フリーター、無職という単語がある。

時間の空きを楽しめたら、この国はお金にゆとりが出てくる。
時間にゆとりを持てる人が、お金にゆとりが出てくる。


脅迫的に時間を遣うよりは、ゆとりがある人の方が、
おそらくゆとりを持って、お金を稼がせて頂いているし、遣わせて頂いている。



ゆとりは、忙しさの否定や、仕事の否定とは違い、
空白の肯定だ。
毎日やらせて頂いている座禅でいうなら、静止の肯定だ。
「動かない」と違って、どこにでも動ける状態を知る。
右足を出すも左足を出すも、まず基本の行動0の姿勢を知る。
そしたら、100倍動ける。そういう話だ。
お金でゆとる事に気づけば、お金で100倍動ける。


お金がたまる人は、1円のありがたみを知っている人だし、
お金にゆとりのある人は、1円のありがたさを知っている人だ。
貧しさを知っているかどうかはおそらく別で、1円のありがたさを
知っている人が、必然的に豊かになるだろう。
100万円は、1円かける、100万だ。
1円が100万重なると、100万円になる。
1円は、ありがたい。

--
納豆ダイエットがどうだって、3回テレビで流れたら、
みんなそう思う。
福田首相の支持率が97%ですよって3回テレビで流れたら
うわあ福田さん良いこと始めたなって、大体思う。
ニートがどうだって、3回テレビで流れたら、
みんな時間のゆとりを、おびえるのかもしれない。

そして、
フリーターも何も、おそらくそろそろ、
崩れ始める。地位とか名誉とか、そういう話だ。
本来の人としての0の状態は、ある程度
気付いておいてくれたら、幸いだと思う。
落ちるもなにも、もともと登っていること自体が、おそらく
虚構だ。
というのは、僕からのある一つの考え方だ。


うまれたときは、
すっぽんぽんです。
作曲家なんて僕がえらぶるとしたら
それはあとづけです。
あははは、だ。

僕はみんなに
ゆとりと、長者になってほしいし
だから僕も完全な長者に、そりゃあもう
ならせて頂こう。
自己犠牲はどうでもいいというか、
自分の中にできる犠牲感があるなら、それをあれれと思う。


人も地球も宇宙の存在も、全部が
みんなが心身ともに幸せだったらいいから、
僕も完全に幸せになる。それでいい。


いつも本当に、ありがとうございます。









スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。