みずかげ ぶろぐ

わくわくだったり、自分自身へのゆるし、そんなゆるゆるだったりな、日々の事です。いつも愛と感謝です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

同情についてなど

誰かの犠牲の上で
今の幸せが成り立っているとして、
それに気づいておく必要はおそらくあって、
ただ、同情は、0でいいと思う。

というのも反対の立場だったとして、
僕が同情から何かされても
やっぱりなんか
変な気分だからだ。

同情をかけられて、かわいそうだねと言われて
楽しい気分になるか、という考え方だ。

僕は僕なりに
今の環境下で幸せに生きているのが一番自然だろうし、
たとえばそれを「かわいそうだ」なんて
仮に誰かに同情されても

きっと困ってしまうから。


対等の立場がよいのだ。
というか、誰とも、対等な気持ちがよいのだ。

だから
僕の感じているのが同情だとしたら、
行動は0でいい。


なんていうのも
一つの提案だ。


--
かくじつに、僕の中にいたたまれなさというのはあって、
僕はその説明が、まだむずかしい。

目の前の不幸は自分のせいです、なんて言われても
僕は、同情とか罪悪感から動くのは、やっぱり0がいいし、
あくまでも肯定的な考え方であるほうが好きだ。
同情とか、罪悪感からよりは、愛とか、好きだとか、それをするのが
うれしいとか、そういう気持で、自分の行動から、ととのえてみよう。


けっきょく、思うことは、
バシャールの言っていること、
そのままだったりする。


続けられるペースが、何よりだと思う。
明日も、ゆるゆる良い一日でありますように。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。