みずかげ ぶろぐ

わくわくだったり、自分自身へのゆるし、そんなゆるゆるだったりな、日々の事です。いつも愛と感謝です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

動かすから動くへ 

たぶん
ご無沙汰しております。

--
明らかに、時代や、ひとの価値観が、
どんどん変わっている
それは確かに感じられるな、と思います。

「ものを動かす」という事で成り立っていた世界が、
「人が動く」「人が動ける」事に、価値が置かれる世界に
なっているのかなと
考えています。

たとえば
生活のシンプルさ
ものが少ない良さ

というのは

ものが無いと、シンプルだと、その分ひとが
良く動ける、そういう一面の良さがあり、
ものの動きが無いと
その分、人が動ける空間ができる
そういう考え方かな、とも考えています。


たとえば、便利さ、というものにしても
人の動きを無くすためではなく、
その人がより動きたいように動く
それをつくれるなら
そういう意味での便利さは、
きっとこれからも、大切だし、発展していくかなと考えています。

--
おそらく、これからは
「ものを動かす」考え方が無い、
「その人が、より楽しく動ける」を創ってあげられる
そんな行動やお仕事だったら、
ちゃんと職業や会社、お店として
成り立っていく「かな」と思います。

たとえば作曲でも
自分の曲を売りこもう、買ってください
とだけ考えるなら、
曲を動かそうとしているだけなので、

おそらく、まったく買い手が無いわけです。


それとは完全に別で、たとえば
この曲があったら、こんなあたらしい演出ができるよね、とか
映像と組み合わせて、こんなあたらしい作品ができるよね、とか

こんな演奏があったら、こんなわくわくするイベントが
できるんじゃないかとか、


その音楽を受け取った人が
「あたらしい動き方」に気づける


曲づくりや、自身のピアノが
そういう提案になっているのだとしたら、

その時、音楽がお仕事として
はじめて成り立つのかな、と考えています。


--
たとえば
健康グッズにしても、
心身においしいお食事にしても

元気になると
より動けるようになるから
だから「人の動き」をより創りだす仕事として
それは成り立つのかなと思います。

こころとからだが元気だったら
やっぱり、誰でも
動きたいように動きたくなりそうです。

--
曲にしても、ひとつの「もの」だろうし、
自身も、パソコンやピアノという「もの」があるのは
すごく有り難い事です。
衣食住も「もの」だから、すごく有り難いです。

だから「もの」は、絶対に必要かなと考えています。


そのうえで、
ものが無い方が、その人がより動けるなら
無い方が良く、
ものがあった方が良いなら
ある方が良いはずで


だから「もの」をあたえる側なら

そのひとの動きを創りだせる
その人がわくわく動けるものを
提供してあげられる

これからは、
それで成り立っていく
世界なのかなと、考えています。



長文をお読み頂き、本当に感謝です。
いつもありがとうございます。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。